こんにちは!クレファスの長内(おさない)です。

FIRST LEGO League Japan Championship 2019
(ファースト・レゴ・リーグ ジャパン チャンピオンシップ) 」が2月11日(月・祝)に
東京工業大学で開催され、クレファス札幌本校のチーム
North Japan(ノース・ジャパン)」が出場しました。
20190216cr1.jpg

FIRST LEGO League(以下FLL)は世界98ヶ国から
32万人以上の子どもたちが参加している国際的なロボット競技会です。
FLLはロボット競技だけではなく、3つのプレゼンテーション
(コアバリュー・プロジェクト・ロボットデザイン)が行われ、
それらの総合点を競う大会となっています。
今年は「INTO ORBIT(イントゥ・オービット/宇宙の起動にのって)」というテーマで、
宇宙空間で生活をしていく上で生じる問題点と解決策を模索してきました。

今年のFLLには、北は北海道、南は沖縄より120チーム以上がエントリーし、
12月の地区予選を勝ち上がった38チームが今回の全国大会に出場しました。
20190216cr2.jpg
▲ロボットゲームの様子

North Japanは、当日のロボット競技で400点中209点をマークし、
最終的に3位にランクインしました。(1位のチームは227点でした。)
順位は悪くありませんでしたが、当初目標としていた300点には届かず、
チームメンバーは非常に悔しがっていました。

20190216cr3.jpg
▲コアバリュー・プレゼンテーション
(チームの活動経歴とFLLを通じて学んだことの報告)
20190216cr4.jpg
▲プロジェクト・プレゼンテーション
(宇宙空間での生活における問題点と解決策の研究発表)
20190216cr5.jpg
▲ロボットデザイン・プレゼンテーション
(ロボットの機械設計とプログラミング・戦略の紹介)

プレゼンテーションでは、3つの項目においてバランスよく活動をしてきたため、
発表を終えたあとは手応えもあり、あとは結果を待つのみとなりました。
特に「プロジェクト・プレゼンテーション」においては、宇宙空間での衛生管理に
着目し、宇宙用爪切り「Space Nail Clipper(スペース・ネイル・クリッパー)」
を開発しました。
㈱植松電機の植松社長からもご意見を伺いながら、研究を重ねてきましたので、
自信を持って成果発表を行うことができました。

アワードセレモニーでは、総合順位の順に1チームずつ呼ばれ表彰されていく
のですが、総合3位まではチーム名を呼ばれることはなく、ついに残り2チームと
なりました。
2位か...1位か...。
手に汗を握り、司会者の発表を待ちました。

「チャンピオン賞 総合2位は...」

North Japan!!

「よっしゃーーー!!!」という歓声とともに、North Japanのメンバーが登壇し、
総合2位のトロフィーが手渡されました。
20190216cr6.jpg
▲アワードセレモニーの様子

全国大会上位チームには、世界大会の出場権が与えられます。
世界大会はアメリカ(デトロイト、カリフォルニア、アーカンソー)、
トルコ、レバノン、オーストラリアと世界各地で開催されます。

「North Japan」が出場する世界大会は、
5月22日(水)~25日(土)にトルコのイズミルで開催される
FLL Open International Turkey 2019
(エフエルエル・オープン・インターナショナル・ターキー) 」です。
FLLにおいて、北海道のチームが出場するのは初の快挙です!

今度は日本代表として、世界の舞台での入賞を目標に、
チームメンバーとともに活動を継続していきます!
引き続き、ご声援をよろしくお願いします!
20190216cr8.jpg
【FLLオフィシャルHP】
https://firstjapan.jp/
【North Japan YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCO-xRl1VGaTyeF2XU8DHHGg