3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


「自分のことをしっかり見てくれる人がいる」と生徒さんに感じてほしい。

「自分のことをしっかり見てくれる人がいる」と生徒さんに感じてほしい。
BrainsGym(ブレインズジム)

池田 昇太郎さん インタビュー講師 ブレインズジム大通本校

INDEX
  1. なぜブレインズジムで講師を始めましたか
  2. この仕事をしていて良かったこと
  3. 仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど
  4. 厳しかったこと、大変だったことは?

なぜブレインズジムで講師を始めましたか

学生時代に仕事をするのであれば自分の成長に繋がり、将来の為になることをしたいと考えていた時に、同じ大学の同期がBGで働いていて、楽しいしやりがいもあって自分の成長に繋がるという話を聞いたので応募してみようと思いました。BGでの仕事は、先生と生徒さんの距離が近くて、自分が関わった生徒さんが大学を受験して、その後の未来まで関係を繋いでいくという、相手と深く関われることが大きな魅力ですね。BGにはたくさんの生徒さんが通ってくれていますが、「自分のことをしっかり見てくれる人がいる」というのが支持されている理由なのかなと思います。大通本校の先生は一人に対してみんなで関わるチームプレイができていて、それが強みだと思います。


この仕事をしていて良かったこと

勤務していて一番感じることは「仕事や生徒さんと真面目に向き合う人達との繋がりが増えた」ことで、これが自分の中では大きいですね。BGの先生は本当に真面目で、生徒さんのために自分たち講師が今何をするべきで、教室環境をより良くするためにどうしていくかということを常に考えていて、さらに仕事が終わっても生徒さんのことを考えている人ばかりで。その一方で先生方自身も自分の将来の目標を明確に持っていて、自身の勉強とBGでの仕事を両立しているところが、今まで自分が出会ってきた人たちの中でも、心が動かされる人ばかりだな…と。自分は人に頼られることが嬉しいし、その人のために頑張りたいと思っていますが、BGで働く人もみんな同じ想いで働いているんだと改めて感じています。


仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど

生徒さんの成績が上がることですね。たくさんの課題を出して大変な思いをさせてしまうこともあるかもしれないのですが、それでも私たち講師を信じてやってくれて、そして成績が上がった時には嬉しそうな顔をして「先生聞いてください!順位すごく上がりました」と話してくれる時は、自分を信頼してくれているのかなと嬉しく思います。反面、なかなか成績が思うように上がらないという生徒さんには、その原因を一緒に突き詰めて、どうやったら改善していけるのかを一緒に考え、その後も注意深く見ていく…ということを意識しています。「じゃあ次はどうするか」と生徒さん自身にしっかり気持ちを向かせるようにしています。 ただ、大学はあくまでも自分の将来の夢への通過点であって、どこの大学に行っても、そこで何をするかが大事だということは自分が身に染みて感じたことなので、生徒さんにはそのことも伝えるようにしています。


厳しかったこと、大変だったことは?

勤務を始めた当初は、自分の考えや経験をすぐに生徒さんに伝えていたんですよね。生徒さんの状況や性格を緻密に考えることなく、ただそのまま伝えていたんです。しかし勤務して数ヶ月くらい経ってからの研修で「聞く姿勢が大事」と指導してもらい、そういう姿勢が自分にはないということに気がつきました。研修後から、指導の際には意識しているつもりでも、気がつけば自分がよくしゃべってしまっている…(笑)。身に付けるまでに時間がかかりました。最初はまず生徒さんの話を聞く…ということを今でも常に意識しています。




カテゴリーアーカイブ