3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


生徒さんにとって何がベストなのか、考えて行動する日々。

生徒さんにとって何がベストなのか、考えて行動する日々。
BrainsGym(ブレインズジム)

澤田 航希さん インタビュー講師 ブレインズジム新札幌校

INDEX
  1. なぜブレインズジムで講師を始めましたか
  2. この仕事をしていて良かったこと
  3. 仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど
  4. 厳しかったこと、大変だったことは?

なぜブレインズジムで講師を始めましたか

大学に合格した時に、色々なアルバイトをやろうと思っていたのですが、自分自身が大学受験で苦労したこと、経験したことを生徒たちに伝えたいと思って、塾講師になろうと思いました。高校時代に通っていたときに、ブレインズジムの生徒と講師との距離感がすごく好きだったので、働くならブレインズジムだと思って決めました。


この仕事をしていて良かったこと

色々な人と関われることですね。生徒も一緒に働く講師や社員さんも、たくさんの人と関わることがとても楽しいです。この仕事は人と人とでかかわる仕事なので、「絶対こうすればいい」とか「正しい」ということはないと思うんですよね。だから自分で何が相手にとってベストなのか、考えて行動していく、ということが大変だけどすごくやりがいがあります。どんなことも長期的な目標とか目的にむかって行動できるようになってきたと思います。


仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど

 生徒が大学に合格して、ブレインズジムを卒業した後も会いに来てくれたり、講師になって戻ってきてくれたりすることが本当にうれしいですね。特に一昨年担当した生徒の中に4人、北海道大学を志望してる生徒がいたんですが、その時が自分にとって初めて北海道大学を受験する生徒を最後まで見送ったときだったんですね。合格させるためにはどうしたらいいかということを、本当に悩んでいろいろ考えて、うまくいかなったこともあったけれど、最終的には全員合格してくれたことが本当に嬉しかったです。しかもそのうちの3人が次の年には講師となって教室に戻ってきてくれて働いてくれているので、それもうれしいです!


厳しかったこと、大変だったことは?

自分が思った通りに教室の運営ができなかったり、生徒のモチベーションがなかなかあがらない時があって、その時はすごく悩みました。でも続けていく中で、うまくいかないのは結局自分中心にどんなことも考えていたからだ、っていうことがわかりました。それも生徒と話している中で、自分は生徒の話の根幹までひろえていなくて、自分が伝えたいことばかり話してしまっているということに気づかされたんですよね。今は生徒はもちろん一緒に働く講師の話もたくさん聞く、ということを意識しています。また聞くだけじゃダメで、お互い思っていることをしっかりと言い合える関係、信頼関係をつくろうということに意識して頑張っています。




カテゴリーアーカイブ