3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


3.14での学びをきっかけに、将来世界で活躍する人になってほしい。

3.14での学びをきっかけに、将来世界で活躍する人になってほしい。
ジュニアエリート crefus(クレファス)

長内 拓哉 インタビュー社員 ジュニアエリートCrefus(クレファス)

INDEX
  1. なぜ3.14に入社しましたか?
  2. 仕事で嬉しかったことはありますか?
  3. 仕事で大変だったこと(厳しかったこと)はありますか?
  4. どんな教室にしたいと思っていますか?
  5. 自分自身の想い

なぜ3.14に入社しましたか?

私が就職活動中に軸としていたのは「人を元気にしたい。人に良い影響を与え、人の役に立つ仕事がしたい。」という点でした。様々な会社の説明会に行き話を聞きましたが、その中で練成会の人事担当の方の本気度に圧倒的な感銘を受けました。先生という立場で生徒さんの為に何ができるか、目の前の人に真摯に向き合うという姿勢に、自分の血が騒ぐというか、すごく心を惹かれたことが印象に残っています。さらに実際に練成会で働いている社員の様子を見させて頂く機会があり、どの人を見ても全員がすごくエネルギーに溢れていて、その熱が伝わってくるというか、さらに圧倒されました。自分もこのコミュニティーに所属したい、自分もこの中で成長したいと思い入社を決意しました。


仕事で嬉しかったことはありますか?

生徒さんの成長や変化を感じられた時はすごく嬉しいです。担当しているCrefus(クレファス)で、小学校低学年の時は人前で話すことが苦手でプレゼンもできなかった生徒さんが、4年生になって物怖じせず堂々とみんなの前で発表ができている姿を見て、その成長に鳥肌が立つくらい感動しました。嬉しくて保護者の方にもすぐにご報告したくらいです。また、普段の学校生活ではどちらかというと大人しいタイプの生徒さんが、ロボット製作で全国大会に行き優勝した時のインタビューで、ご両親に感謝の気持ちを伝え、自分自身に自信が持てた…と嬉しそうに話していました。3.14での取り組みがきっかけとなり、生徒さんの自信や成長に繋がることが私自信の喜びでもあると日々実感しています。


仕事で大変だったこと(厳しかったこと)はありますか?

生徒さんも保護者さんも講師も一人ひとり考え方も状況も違いますので、関わる中で自分の想いをしっかり相手に伝えることが大切な仕事だと常に思っています。なかなか思うように相手に伝わらなかったり、想いを元にした行動であっても、それが相手にとって最善だっただろうかと自問自答することもありますが、それでも続けていくことで必ず伝わっていくと自分自身が信じて、一歩ずつ進んでいくことを心がけています。生徒さんの成長に負けないように、自分自身も成長していきたいと思っています。


どんな教室にしたいと思っていますか?

生徒さんが活き活きと、3.14が1番好きで、3.14に通っているから自信がついた…というように生徒さんにとって成長の場であって欲しいと思っています。できるだけ長く生徒さんと一緒に居て、その成長を近くで見ていきたいです。生徒さんだけでなく、保護者の方から信頼を得られて、3.14に預けていれば間違いないと思ってもらえるような教室にしたいです。


自分自身の想い

生徒さんたちを見ていると、今抱いている夢が、夢を超えて本気で目指している目標になってきていることがすごく伝わってきます。例えば、ロボット製作を通じて、将来はロケット開発に携わりたいとか、具体的に入社する会社まで決めているとか…。その目標を叶える為に、今頑張っているという生徒さんがたくさんいます。3.14で学んだことをきっかけに、社会に出たときに日本を支えるような仕事に就いてくれる子どもたちがたくさん出てくれたら、こんなに幸せなことはないと思います。日本人の誇りを持ち、発信力を持って世界で活躍するであろう子どもたちを預からせて頂いていることに、私自信も誇りと責任を感じています。本気に限界はない…というか、自分自身もっと深く高いレベルで生徒さんと関わっていきたいと思っています。




カテゴリーアーカイブ