3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


合格実現塾では遠い未来の目標も実現できる人間を育てて生きたい

合格実現塾では遠い未来の目標も実現できる人間を育てて生きたい
合格実現塾

髙山 一馬さん インタビュー講師 合格実現塾星置校

INDEX
  1. なぜ合格実現塾で講師(チューター)をはじめましたか
  2. この仕事をしていてよかったこと
  3. 仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど
  4. 厳しかったこと、大変だったことは?

なぜ合格実現塾で講師(チューター)をはじめましたか

僕は小学校の時代の恩師に憧れて将来教員を目指して大学で勉強をしています。アルバイトでも生徒に勉強を教えることが出来れば将来のスキルアップにつながると考え講師になりたいと思いました。採用担当の方との面接でそのお話をしたところ「教えるだけでなく、子どもの成長を大事に思ってほしいな」という一言で気持ちがガラッと変わり、『子どものために頑張れる仕事』をしたいという気持ちで講師になりました。


この仕事をしていてよかったこと

定期テスト前には必ず生徒一人ひとりと面談を行い、テストに向けての目標や勉強方法などの細かく確認をします。そこに向かって必死に勉強する姿を見たり、その後のテストで目標達成できたり、点数がすごくアップしたり、生徒が喜ぶ姿を見ることをが出来ると本当にうれしいですね。また先輩講師が、僕の生徒に対する声かけや関わりがよかったときなどに声をかけてくれたりすることも仕事のモチベーションにつながっています。生徒だけでなく講師たちの動きにも目を配ってくれていて僕も後輩講師にそういう声かけをしていきたいなと思っています。


仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど

授業前に講師が生徒の前で、講師たち自身が今まで経験してきた勉強にまつわるエピソードなどの話をする時間があります。合格実現塾では生徒が授業や自習に来た日に、一日どんな勉強をしたかを生徒自身が書く「振り返りノート」があるのですが『高山先生が話してくれたことを聞いて僕も勉強を頑張ろうと思った』と書いてくれた生徒がいて、自分の想いが生徒の心に届いたことが実感できて嬉しかったです。


厳しかったこと、大変だったことは?

合格実現塾の授業スタイルはタブレットを使用して一人ひとりが学ぶものなので自分がメインで何かを教えるというスタイルではありません。最初はどのように関わっていけばいいのか悩みました。また自分の近くにいる生徒さんに集中して指導してしまうこともあり、限られた時間の中で全体を広く見ながら一人ひとりに必要な関わりをもつ難しさを感じていました。僕らチューター講師は毎日塾に来た生徒全員とコミュニケーションをとり、一人ひとりの授業の進度状況、理解度を確認して生徒たちに今何をしなければならないかを伝え、指導していく役割であるということが見えてきてからは難しいという気持ちはなくなりました。




カテゴリーアーカイブ