3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


「先生が僕の憧れです!」・・・この言葉が僕の原動力になっています!

「先生が僕の憧れです!」・・・この言葉が僕の原動力になっています!
合格実現塾

清野 泉水さん インタビュー講師 合格実現塾 真栄校

INDEX
  1. なぜ合格実現塾で講師を始めましたか?
  2. この仕事をしていて良かったことはなんですか?
  3. 仕事をしていて嬉しかったことはありますか?
  4. 仕事をしていて大変だったことはなんですか?

なぜ合格実現塾で講師を始めましたか?

清野さん:自分が学生の頃から「3.14は個別指導だから先生が優しくて親身に対応してくれる」という話を友人から聞いていました。学校の掲示版で3.14が講師募集をしていることを知り、仲の良い友人と勉強を教えたり、逆に苦手な科目は教えてもらったりした経験を活かせるのではないかと思い応募しました。当時、合格実現塾の新開校メンバーとして新しいチャレンジをしてみないかと声をかけていただいたことをきっかけに合格実現塾のチューターとして勤務をスタートしました。


この仕事をしていて良かったことはなんですか?

清野さん:今までの自分は、小学校から続けているサッカーで培われた「競争心」が全面に出ており、他人よりも上にいくことばかり考え行動していました。ですが、この仕事を通じて「人の良いところを探そう」と意識することができるようになりました。それは、一緒に働く社員さんやチューターの考え方に触れ、学ぶことができたからです。自分が先生としてどう生徒さんと対峙すべきかを常に考え、積極的にコミュニケーションを取ることで、相手の意識の中にある前向きな部分を感じとれるようになりました。こういう考え方ができるようになったことは自分自身の成長と感じられますし、この仕事をしていてよかったことだと思います。


仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

清野さん:ほぼ毎日自習に来てくれる生徒さんがいて、毎回その生徒さんの頑張りを応援していたのですが、その生徒さんから「いつも声をかけてくれて、褒めてくれて嬉しかったです。先生が僕の憧れです」と言われた時には、もう嬉しいを通り越して逆に「ありがとう」という感謝の気持ちが沸いてきました。生徒さんからいただく感謝の手紙や言葉が、とても嬉しくて忘れられません。また、授業がなくても「勉強しに来ました」と生徒さんが教室に来てくれることがとても嬉しいです。


仕事をしていて大変だったことはなんですか?

清野さん:通塾の際の安全確保(出迎え・見送りの徹底)や配布物の管理、宿題の状況確認など、細かな教室運営の全責任が自分にあるということが、この仕事の大変な部分だと思います。塾なので勉強面や成績向上のための指導はもちろん大切ですが、何より通ってくれる生徒さんが安心できることが最も大切だと思っています。合格実現塾はただ勉強するためだけでなく、「生徒さんが成長できる場所」でありたいと思っています。そのためには教室の雰囲気が「居心地が良く、一定の緊張感に包まれて集中できる場所」でなければなりません。その「雰囲気」は教室にいる全員の意識が創りだすものなので、自分も教室ではそのことを意識して勤務しています。




カテゴリーアーカイブ