3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


勉強を通じて魅力あふれる人になってほしい。

勉強を通じて魅力あふれる人になってほしい。
個別指導「3.14…」

松本 望 インタビュー社員 上野幌スクール

INDEX
  1. なぜ3.14に入社しましたか?
  2. 仕事で嬉しかったことはありますか?
  3. 仕事で大変だったこと(厳しかったこと)はありますか?
  4. どんな教室にしたいと思っていますか?
  5. 自分自身の想い

なぜ3.14に入社しましたか?

前職で中学生や保護者さんと関わる機会がありました。私と話をする中で勉強に対して前向きになってくれて、そんな生徒さんの変化に対してすごく喜んでいる自分に気付くことができました。しかし、私の当時の役割ではきっかけ作りのところまでしか関わることができず、せっかく関わることができた人と、もっと長く深くご縁を繋ぎたいという思いで転職を決意し、今の会社に就職しました。3.14で勤務してから、上司や同僚、教室で働いてくれる講師、そして通ってくれるたくさんの生徒さん、保護者さんと関わり、自分の中に「中途半端は絶対にできない。人の人生に関わっている」という強い責任感が湧き上がりました。これこそが自分のやりたかったことだと実感しています。


仕事で嬉しかったことはありますか?

保護者さんと面談をしている時に、生徒さんの3.14での様子をお伝えしたのですが、「それは塾でしか見せない顔なんですよ。塾を第二の家のように思っているんです。」と保護者さんに言われたことが嬉しかったですね。生徒さんにとって安心できる場所になれているのかなと思いました。
 また、生徒さんや保護者さんに本音で話してもらいたいと思っています。そのためには信頼関係を築かないと、「ここまでこの先生に言っていいのかな」と思われることはよくあると思うんですよね。それこそ、家庭の中の、あまり他人には言いにくいことまで話してもらえると、「私のことを少しは信頼してもらえたかな」と感じてすごく嬉しいです。


仕事で大変だったこと(厳しかったこと)はありますか?

お話をしていると保護者さんと生徒さんの気持ちがなかなか重ならないことがあります。保護者さんの想い、生徒さんの想いを私はそれぞれ感じて、自分ができることを伝えようとしているのですが、思うように伝わらなくて…。ですが、何か話があるたびに必ず生徒さんと保護者さんの話をしっかり聞いて、「こちらではこういうことをやっていきますね」と話をするように心がけています。数ある塾の中で、3.14を選んでくれたことへの感謝の気持ちで、私の想いとその理由を伝えるようにしています。理解して頂くのに時間がかかるかもしれませんが、気付いてもらうのはその時じゃなくてもいいと私は思っています。卒業して何年か経った後に「あのとき先生が言っていたのはこういう意味だったんだ」とわかってもらえればいいなと思っています。


どんな教室にしたいと思っていますか?

笑いが絶えない、この教室に通ってよかったと生徒さんや保護者さんに思ってもらえるような教室にしたいと思っています。上野幌スクールは、自分が開校から担当している教室なので、思い入れは相当あります。開校から十年以上経っているので、通ってくれていた生徒さんが、後に講師として戻ってきてくれたりすることがすごく嬉しいですね。上野幌スクールの講師のうち半分くらいが元塾生ですし、講師自身が元塾生でなくても、兄弟姉妹が塾生で、3.14のことはよく家の中で話を聞いていたので、良いイメージがあったからここで働きたいと言ってくれる講師もいます。
生徒さんにとって私は「親戚のおばちゃん」みたいな(笑)。ちょっと口うるさいけど、いつも遠くから見ていてくれている…そんな存在でいたいですね。そういう温かさを絶対に生徒には感じてもらいたいなと思っています。そしてそのおばちゃんが勉強のことだけではなく、友達関係のことや、部活の悩みなど、解決しなかったとしても聞いてくれる場所があるだけで、生徒さんにとっては結構心強いかなと思っています。


自分自身の想い

英語や数学という勉強は確かに大事なことですが、それ以上に勉強を通じて人間的にもっと魅力あふれる人になって欲しいという思いで生徒さんと接しています。また、人に必要とされている時や、人に何かしてもらっている時というのはすごく幸せを感じる瞬間ですが、されるだけではなくて、自分がする側の立場になった時には、それ以上の幸せを感じることができるということを伝えていきたいです。生徒さんが将来大人になって、どんな仕事に就くかはわからないですが、人と関わらない仕事はないので、人としての関わり方とか勉強以外にもたくさん伝えていきたいと強く思っています。それは私自身も今までたくさんの周りの人に愛されてきたという実感があり、今度は自分が関わるみんなに愛を分けたいなと思っているからです。そう強く思うのも生徒さんにその先幸せになって欲しいという想いからです。




カテゴリーアーカイブ