3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


生徒ひとりひとりの今だけじゃない先の人生に関わることができる仕事

生徒ひとりひとりの今だけじゃない先の人生に関わることができる仕事
個別指導「3.14…」

二俣 絵美花さん インタビュー講師 3.14宮の沢スクール

INDEX
  1. なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか
  2. この仕事をしていて良かったこと
  3. 仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど
  4. 厳しかったこと、大変だったことは?

なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか

私自身が小6から中3まで塾に通っていて私にとって塾の先生は身近な存在でした。塾では勉強のことはもちろん、努力することの大切さや生きていくうえで大切なことをたくさん教えてもらったので今度は自分がその立場に立ちたいと思っていました。大学の友人が3.14で講師をしていて、ひとりひとりの生徒さんに深く関って寄り添い導いていく指導ができると感じて3.14に応募しました。


この仕事をしていて良かったこと

自習室で黙々と勉強に向き合っている姿、部活動を終えて疲れている中教室に来て勉強を頑張る姿…そんな生徒が奮闘する姿にたくさんたくさんエネルギーをもらっています。私は今まで積極的に人と関わることに少しだけ苦手意識があったのですが、子どもたちの前向きな姿も力になり、一方向の関わりではなくて積極的に話しかけて心をひらいてもらえるように心がけています。そうやって主体的に目的を持って関わろう、行動しようと思うようになったことが自分自身のよい変化につながっています。


仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど

私は数学と理科を担当することが多く、去年受け持っていた生徒さんで理科の苦手意識が抜けない生徒がいたんですね。その生徒さんに対して最初は一緒に解きながら次からは自分ひとりで解いてできるようになる・・・の繰り返しで少しずつ苦手意識が減り、学校の実験が面白くなってきたという話やテストの点数があがって喜んでいる姿を見れた時は本当に嬉しかったです。塾を卒業して高校生になってからも高校生活や勉強の状況を話をしに教室に遊びに来てくれます。塾で直接的に関わっていた後も私のこと、教室のことを思い出してくれて遊びに来てくれて話の中で生徒の成長が見えることは本当に嬉しいですね。たくさんの価値をこのお仕事でいただいています。


厳しかったこと、大変だったことは?

宿題を忘れたり、塾の約束が守れない生徒さんに最初は厳しく言うことができず悩むことがありました。生徒の人生に関わる一人として厳しく伝えることは生徒さんのため、ということに気づいてからはしっかり伝えています。なぜルールを守るのか、なぜ宿題をしなければならないのかということを自分の今までの経験と合わせて話したりします。でもいつもこちらの想いを受け止めてもらえるわけではありません。それでも絶対諦めないで伝え続けるようにしています。顔を合わせる度に言うので生徒も私の顔を見たら何をいうかわかるくらいです(笑)でもそうやって伝え続けることで少しずつ生徒の変化を感じ、想いが伝わっているように感じています。自分のことを思ってくれている、自分をみてくれている、自分のために言ってくれるということを生徒さんに感じてほしいなと思っています。教室に来る生徒全員が自分の家族のように深く関わることを意識しています。




カテゴリーアーカイブ