3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


生徒さんと一緒に自分も成長できる場所

生徒さんと一緒に自分も成長できる場所
個別指導「3.14…」

徳田 莉万さん インタビュー講師 3.14札幌中央校

INDEX
  1. なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか
  2. この仕事をしていて良かったこと
  3. 仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど
  4. 厳しかったこと、大変だったことは?

なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか

中3の4月から高1の夏まで3.14宮の森スクールに、その後はBG大通本校に通いました。勉強だけではなく色々なお話ができたことが楽しく、最終的に志望校に合格できたこともあって、今度は自分が生徒さんに関わりたいと思ったのがきっかけです。大学1年生の間は学業に専念し、2年生から講師を始めました。BGの授業のおかげで得意になった英語を活かして将来は商社で働くことを目標にしています。


この仕事をしていて良かったこと

生徒さんの成長が見られることです!勉強に対して前向きではなかった生徒さんが段々と自分で勉強するようになる姿を見られた時は本当に良かったなと思います。電話対応や玄関での保護者様との対応で色々と社会勉強させてもらえるところも良かったと感じるところです。教えるだけ、事務作業だけ、ではなく多岐にわたるお仕事をさせてもらえています。


仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど

嬉しかったことは普段授業を担当していない生徒さんからテスト前に質問を受け解説し、その部分がテストに出て解くことができたと感謝されたことです。普段から教室内でコミュニケーションは取っていた生徒さんですが、「点数良かったよ!」とわざわざ報告にきてくれたことがとても嬉しかったです。逆に人見知りの生徒さんに対しての接し方には苦労したこともありました。それには継続的にコミュニケーションを取ろうと意識するだけでなく、テンションを相手に合わせたりあだ名で呼んだり、授業と関係ない話を挟むことで少しずつ心を開いてもらえるように努めました。

自分が生徒だった頃に、担当の先生が覚えやすいテキストを紹介してくれたり、毎週テストを作ってくれたおかげで英語の苦手を克服することができました。また、模試の点数が悪かったときには先生自身の経験を織り交ぜて話をして励ましてくれました。先生方は年が近いので、そういう方々の話を聞けて救われました。今はその先生のように生徒に対して一生懸命になれるよう意識して勤務しています。


厳しかったこと、大変だったことは?

小学校低学年の生徒さんに上手く宿題の指示が伝わらなかったことです。まずは本人と学習進度の確認を徹底するなど意思疎通を図り、お母様にもお迎えの際にその日の学習内容や宿題範囲をお伝えしてコミュニケーションを取るようにしました。そうすると、「先生が好きで塾に通っているみたいです!」とおっしゃっていただけるようになりました。初めは保護者の方にご満足いただけず落ち込みましたが、室長にも相談しながら自分の想いをしっかりのせて生徒さんとも保護者の方ともコミュニケーションを密に取ることで信頼を得ることができました。札幌中央校は生徒数が多くお客様の出入りも多いので、教室全体を見ながら出迎えや見送りの挨拶など常に教室の入り口付近には気を配るようにしています。




カテゴリーアーカイブ