3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


日々の授業で生徒との関係性が築かれていく喜びを感じられる

日々の授業で生徒との関係性が築かれていく喜びを感じられる
個別指導「3.14…」

長田 真季さん インタビュー講師 3.14琴似スクール

INDEX
  1. なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか
  2. この仕事をしていて良かったこと
  3. 仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど
  4. 厳しかったこと、大変だったことは?

なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか

将来教員になりたいと思っていて、大学に入ったら子どもと関われるお仕事をしたいなと思っていた時に、生徒さんとの距離が近くて楽しそうな環境だった3.14の求人を見て応募しました。


この仕事をしていて良かったこと

生徒さんの成績が上がったことは嬉しいですね。でもそれ以上に成績が上がったことをきっかけにさらに前向きに次の目標に向けて勉強に向かう姿を見れることは本当に嬉しいです。仕事を始めた頃は、教えることで精一杯だったけれど、今は生徒ひとりひとり、自分の意思で勉強に向かうにはどうしたらいいかを意識して話をしています。質問一つにしても生徒さん自身に何がわからないかということを考えてもらう、そのことは生徒さんの力をつけていく上で大事なことだと思っています。


仕事をしていて嬉しかったことは?生徒や社員とのエピソードなど

「長田先生の授業が良い!」と言われるのはやっぱり嬉しいですね。中学3年生の生徒さんで教室から帰る玄関で「長田先生に出会えてよかったな」とポツリと言われたときは感激して泣きそうになりました。その生徒さんとは将来の夢や目標、授業以外でもたくさんたくさん話をしました。その生徒さんの目標と私の将来の夢が実は一緒で「長田先生と社会人になったら一緒の職場で働けたら嬉しいな」と話してくれて。勉強を通してこの先どんな人と出会いどんな夢を描けるか・・・生徒さんたちには夢であふれた人になってほしいと思っています。室長は話をよく聞いてくださります。自分で話すことで悩んでいたことを整理できたり受け止めてもらって答えが見えたり出来ています。室長の何気ない一言で救われたり、背中を押してもらえています。時には厳しいことも生徒や講師のためになることをはっきり伝えてくれて本当に生徒や講師へ想いにあふれている方です。そういう室長の元だからこそ講師たちはチームワークを大切に質の高い仕事をしていると感じます。


厳しかったこと、大変だったことは?

心を開くことが苦手な生徒さんへのアプローチに悩むことがありました。私は少しずつ距離を縮めてじっくり生徒と関わっていくタイプなのですが、一瞬で心をつかむ話術を持つ同僚もいて。日々コミュニケーションのとり方の勉強をしています。とにかく私から生徒さんに積極的に心を開いていくこと、心を寄せることを意識し続けることで徐々に生徒さんも心を寄せてくれるようになると実感しています。




カテゴリーアーカイブ