3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


3.14は自分を成長させてくれて、頑張りを認めてくれる場所です!

3.14は自分を成長させてくれて、頑張りを認めてくれる場所です!
個別指導「3.14…」

庄司 萌乃さん インタビュー講師 個別指導「3.14…」札幌中央校

INDEX
  1. なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか?
  2. この仕事をしていて良かったことはなんですか?
  3. 仕事をしていて嬉しかったことはありますか?
  4. 仕事をしていて大変だったことはなんですか?

なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか?

庄司さん:中学1年生の頃から教員を目指しており、大学も迷うことなく教育学部に進みました。大学入学後は、子どもたちとの関わりを通して自分も成長できると思ったこと、また、授業以外の仕事も自分の経験になると思い塾講師の仕事を探し始めました。既に3.14で勤務している大学の同期より3.14の話を聞き、そのアットホームさに魅力を感じて応募しました。


この仕事をしていて良かったことはなんですか?

庄司さん:生徒さん一人ひとり性格も考え方も学力も異なるので、今まで自分が考えていた「当たり前」が通用せず、生徒さんたちと関わる中で学ぶことや気づかされることも多く、大変刺激を受けています。また、自分が新人の頃は先輩講師がバリバリ仕事をしていて格好良くて、笑顔も絶やさず仕事をしている姿からも刺激を受けました。この3.14という場所が自分にとってかけがえのない居場所になっていて、元気をもらったり、気持ちの切り替えができる場所だったり・・・と、仕事場ではあるんですが、そういう環境に身をおけることが自分にとって良かったことだと感じています。


仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

庄司さん:自分が初めて担当した生徒さんが志望校に合格した時は本当に嬉しかったです。中1から担当していましたが、目標の高校合格までは厳しい道のりでした。志望校を変更することも考えましたが、本人の強い意志もあり、これは応援するしかないと私も覚悟を決めました。入試までの1ヶ月は今まで以上に厳しいことも伝えつつ、精神的に疲れている様子を感じた時は最大限フォローすることに徹しました。最終的に合格まで意志を貫き、頑張りきった生徒さんを本当に心から尊敬しています。


仕事をしていて大変だったことはなんですか?

庄司さん:最初は生徒さんとのコミュニケーションがうまく取れずに悩むことや、生徒さんの苦手な部分やつまずきの部分をしっかり分析してあげられていなくて、成績を思うように伸ばしてあげられないと悩むことがあり、この仕事の大変さと自分の努力不足を痛感しました。そんな時は先輩の動きや指導を見て学びながら、自分の中で悩み抜いて考えて行動することで少しずつ改善に向かっていったと思います。これから後輩の先生方も当時の私と同じように悩むことがあるかもしれないですが、先輩として何でも相談してもらえるよう心配りができるようになりたいです。講師たちが成長することで、中央校がより良いスクールになれるよう、これからも頑張っていきたいと思います!




カテゴリーアーカイブ