3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


生徒時代も講師になってからも3.14は私にとって「なくてはならない大切な存在」です!

生徒時代も講師になってからも3.14は私にとって「なくてはならない大切な存在」です!
個別指導「3.14…」

宇佐美 百花さん インタビュー講師 個別指導「3.14…」上野幌スクール

INDEX
  1. なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか?
  2. この仕事をしていて良かったことはなんですか?
  3. 仕事をしていて嬉しかったことはありますか?
  4. 仕事をしていて大変だったことはなんですか?

なぜ個別指導「3.14…」で講師を始めましたか?

宇佐美さん:私は中学生の時に上野幌スクールに通っていて、その頃から大好きなこのスクールで働きたいと思っており、大学入学後すぐに勤務を始めました。当初は自分視点での「スクールが好き!」という思いが強かったのですが、そのうちに「生徒にもっと3.14を好きになってもらいたい」「3.14が生徒にとっての思い出の一部になってほしい」と考えるようになりました。私にとって3.14は生徒だった頃から居心地の良い場所ですが、それは講師になった今でも変わりません。それと同じような気持ちを、今通ってくれている生徒さんにも感じてもらえたら嬉しいですし、スクールも生徒さんも私にとって「なくてはならない大切な存在」です。


この仕事をしていて良かったことはなんですか?

宇佐美さん:何よりも生徒さんたちに出会えて良かったと思います。自分が勤務していなければ、生徒さんたちが通っていなかったら、出会うことができなかったと思うと、私の大好きな上野幌スクールに通ってくれることがとても嬉しいです。また、仕事をする上で「人との関わり方」「電話対応」「後輩育成のためにどのようなことを考えていけば良いのか」・・・など、社会に出てから必要なことを学べるということが大変良かったと思いますし、だからこそ楽しく仕事をすることができています。また、室長の考え方や視野の広さ、スクールへの想い・・・全てを本当に尊敬しているので、室長のもとで働くことができて良かったと思っています。後輩の講師たちにも上野幌スクールの文化を継承していきたいです。


仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

宇佐美さん:生徒さんのテストの点数が上がった時、生徒さんが志望校に合格した時はもちろん本当に嬉しいです。日々の勤務の中では生徒さんが「明日宇佐美先生がいないのは寂しいな・・・」「講習も先生に担当してもらいたい!」などの言葉を聞けた時がとても嬉しかったです。また、保護者の方から「宇佐美先生のことを信頼しているみたいで・・・」と話をしていただいたことが自分への励みになりました。こうした一つひとつが自分の成長にも繋がっていると感じています。


仕事をしていて大変だったことはなんですか?

宇佐美さん:生徒さんが勉強に対して前向きになれていない時、私たちは生徒さんの将来に関わる立場にいるので、本当にこれで良かったのかと考えてしまうことは多くあります。勉強が嫌だと感じていても、3.14に行くことは嫌じゃないと思ってほしいですし、3.14をきっかけにして少しでも前向きになってほしいと思っています。そのために私たちができることは、ただ勉強の話をするだけではなくて、部活のこと、友人のこと、趣味のこと・・・など生徒さんが信頼して何でも話してくれるように人間関係を築くことだと思いますし、日頃から生徒さんのちょっとした変化にも気づけるように意識しています。それは私が生徒の頃から、教室にいるすべての先生がそのように接してくれたことで本当に心強かったという経験をしていることが大きいと思います。




カテゴリーアーカイブ