3.14コミュニティ それぞれの想い


Voice
教えている
講師・社員たちの想い


3.14で貴重な経験をさせてもらっています!

3.14で貴重な経験をさせてもらっています!
個別指導「3.14…」

小野 考祐さん インタビュー講師 個別指導「3.14…」 札幌駅前校・円山公園駅前校

INDEX
  1. なぜ個別指導「3.14・・・」で講師を始めましたか?
  2. この仕事をしていて良かったことはなんですか?
  3. 仕事をしていて嬉しかったことはありますか?
  4. 仕事をしていて大変だったことはなんですか?

なぜ個別指導「3.14・・・」で講師を始めましたか?

小野さん:私は、自分の英語力を活かすことができる仕事で、一時的ではなく長い時間をかけて人間関係を構築できる仕事を探していました。「生徒に英語を楽しく学んでもらいたい」と思っていたところ、ちょうど3.14で英語教室「レプトン」のチューターを募集していることを知り、3.14に応募しました。入社後はレプトンチューターとしてだけでなく、パズル道場や個別指導の授業など、幅広く担当をさせてもらっています。仕事の幅が広がるからこその責任の重さを痛感しながら勤務しています。


この仕事をしていて良かったことはなんですか?

小野さん:生徒の将来に関わる、貴重かつ責任ある仕事を経験させてもらっていることが良かったことです。生徒にとって、目標に向かって努力し、必ずしも報われるとは限らないけれど自分なりに精一杯頑張った経験というのは将来に必ず活かせると思いますし、そういった機会を少しでも与えてあげたいと思っています。自分自身にとっても誰かの将来に関わるということはなかなか経験できない貴重な機会であり、経験できる人は限られていると思いますので、3.14で学んだ「相手に本気で向き合うこと」は自分の将来にも役立つと思っています。


仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

小野さん:実は自分自身、学生時代に塾に通った経験がなく、勤務前は塾という環境が「勉強が大変」とか「厳しい」というイメージだったのですが、3.14では「楽しんで勉強に向かってもらうにはどうしたら良いか」「生徒本人のやる気を引き出すにはどのように関われば良いか」ということを考えて環境を作り指導していくので、自分の指導を信じて生徒さんがより一層頑張ってくれるように変化してくれたことが大変嬉しかったです。成功体験を積み重ねることで、生徒さんの自信にも繋がりますし、自分も何とかして結果を出してその頑張りに応えたいといつも思っています。


仕事をしていて大変だったことはなんですか?

小野さん:勤務しているとたくさんの嬉しい経験もさせてもらうのですが、反対に頑張ってくれていた生徒さんの結果を思うように出してあげられなかったときにはこの仕事の厳しさを感じます。単純に自分の力不足を感じる場面でもあり、何より頑張ってくれた生徒さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになり、自分自身の気持ちの切り替えも大変です。生徒さんのやる気を引き上げることはなかなか大変なことではありますが、生徒さん一人ひとりの目標を一緒に確認し、まずはできることから絞ってやってみよう・・・と声をかけて、一歩ずつ前に踏み出せるように指導しています。




カテゴリーアーカイブ